プリン情報局通信(1)です

パステルプリン情報局通信(1)

こんにちは、パステルのなめらかプリンをご紹介いたしましょう。



パステルプリンは、いま最も注目されているプリンです。

作り方レシピもどんどん発表されていますね。

作り方を紹介しているブログは、軒並み大人気です。

私は「パステルプリンケーキ」が一番美味しいと思いますが、
カロリーがちょっと気になります。

TVナイナイサイズで紹介されているパステルプリンは
とても美味しそうです。

なめらかなその舌触りは、一度食べたらトリコになってしまいますね。

パステルプリンの店舗は、全国にあります。

たしか、東京、大阪、名古屋、福岡、仙台、水戸などに
店舗展開していたはずです。

しかし、デパートや店舗で買うよりはネット通販でお取寄せした方が
確実に手にはいるでしょう。

特に、人気の「抹茶プリンケーキ」とかは通販で取寄せると
クール便で送ってくれますので安心でした。

滑らかで口の中でとろける感じです。

パステルプリンは、鮮度が命です。

賞味期限が意外と短いのでご注意下さいね。

この味を手作りで出せないものでしょうか。

作り方レシピのブログで調べたんですが、ちょっと難しそうです。

美味しい簡単な作り方を研究して発表出来るように頑張ります。

99サイズには負けないぞ。

記事「パステルプリン情報局」より

プリン界に君臨する「プリンの王様」

パステルプリンは、プリン界に君臨する「プリンの王様」です。

パステルなめらかプリンの食感は、今までのプリントは明らかに違います。
そのパステルプリンの食感は液体に近く、例えるならクリームブリュレのような感じです。

TVや雑誌等で取り上げられてから、パステルなめらかプリンの知名度は一気にアップしました。

もう一つ大ブレイクの秘密はパステルプリンの種類の多さです。
全てのパステルプリンを制覇するのは至難の業です。

パステルプリンの中で一番人気なのは、スタンダードな「なめらかプリン」です。

私は「パステルプリンケーキ」の方がいけてると思いますが、甘党の人はスタンダードパステルプリンに軍配をあげるのでしょうね。
ただし、残念なのがこの「スタンダードパステルなめらかプリン」はネット通販では手に入らないのです。

崩れやすいというのが理由なんですが、田舎暮らしの私にとっては悲しいところです。
わざわざ車で、遠くの取り扱い店舗へ行く”買い出し”は泣きそうです。
雪の日などは遭難しそうになりますから(笑)。

パステルプリンの作りたてのとろとろ感を味わえるのはうれしいのですが・・・。

いったい「プリンの王様」は何人の”乙女”を泣かせているのでしょうか。

パステルプリンご紹介

パステルプリンをご紹介いたします。

「パステル」はお店の名前で関東、中部、関西に店舗があります。

本業はデザートやパスタを扱うお店です。

その中でも大人気なのが、デザートのなめらかプリンはなのです。

このパステルなめらかプリンは横から見ると3層構造になっています。

この構造、最初から3層なのではなく、
作ったあと徐々に乳脂肪分が浮いて3層になるそうです。

上層はまったりとした食感で、中間はとろ〜っとした口当たりです。

そして、一番下が”プリンお約束”のカラメルです。
ちょっぴりほろ苦い味がプリン本体の甘さと絶妙に調和しています。

このパステルプリンの人気の秘密でもあります。


このなめらかなパステルプリンは、温度変化や振動、衝撃に弱く
このままでは輸送の際に潰れたり崩れたりしてしまいます。

そこで、輸送の振動にも耐えられるように工夫したものもあります。

「窯出しなめらかプリン」といって、
通販ネットショップ限定の商品ですが一番人気です。

食感はパステルプリンに比べて若干硬めですが、
そのおいしさは少しも損なわれていません。

パステルプリンの種類はとてもたくさんあります。

季節によってメニューが変わったり、期間限定の商品なんかもあります。

主なメニューは、
スタンダード、抹茶、パンプキン、アーモンド、いちごミルク、
マロン、小豆、チーズ、紫芋、和栗、紅茶、スイートポテト、
バナナ、カプチーノ、マンゴー、メープル、黒ごま、キャラメル、
プリンロワイヤル、ショコラ等です。

あと、期間限定のカマンベールも美味しいですよ。

あなたも全てのメニューを制覇して、
「パステルプリンマスター」の称号を獲得しましょう。


記事「パステルプリンをご紹介いたします」より