自宅でおいしいプリンをどうぞ

パステルプリンレシピ基本編

パステルプリンの作り方をお教えしましょう。
自宅でおいしいプリンが作れるなんて嬉しいですよね。

一番オーソドックスなタイプのパステルプリンレシピです。




【パステルなめらかプリンレシピ】
材料は、「カラメル」用にグラニュー糖を120g、そしてお水を40ccを用意してください。
「プリン生地」用には、牛乳を250cc、乳脂肪分45%以上の生クリームを250cc、卵黄(サイズL)を4個分、そしてグラニュー糖を60g、バニラエッセンスを少々を用意してください。

それではまず、【カラメルの作り方】です。

出来上がったカラメルを入れるマグカップを用意します。
鍋がスッポリ入るくらい大きなボウルに水を入れておいてください。
それとは別に熱湯を40cc用意します。
からの鍋にグラニュー糖120gを入れ、中火にかけます。
全体に色づいてきたら、ゆっくりとへらでかき混ぜます。
グツグツと沸騰してきたらすぐに火を止めてください。
このとき、すぐに止めないと焦げ付いてしまいますので注意してください。
そして、最初に用意していたボウルの水で冷やし、ボウルから離して熱湯を少しずつ注いでのばします。
カラメルが熱いうちにマグカップに注ぎ、冷蔵庫で冷やしておきます。

注意点としては、カラメルを注いだあとですぐにプリン生地を注がないようにしてください。
これはよくやる間違いで、カラメルとプリン生地が混ざってしまい見た目が悪いです。
必ず先にカラメルを作って冷やしておきましょう。

それでは【プリン生地】の作り方です。

?牛乳と生クリームを一緒にして弱火で温めていきます。
このとき60℃以上になってしまうと、表面にホットミルクの様な膜ができてくるので必ず60℃以下にしてください。
?それとは別に、卵黄とグラニュー糖を入れかき混ぜます。
ここでものんびりしてはいけません。時間が経つと砂糖が卵黄の水分を吸い、卵黄が固くなって残ってしまうからです。
卵黄にグラニュー糖がまんべんなく行き渡るように混ぜてください。
これで、なめらかなプリンが出来上がります。
あくまでも”なめらかな”プリンであって、この段階ではまだ「なめらかプリン」ではありません、あしからず。

?牛乳と生クリームをあわせたものと?卵黄とグラニュー糖をあわせたものを少しずつ混ぜて、そこにバニラエッセンスを加えていきます。

混ぜたときが40℃〜45℃でマグカップに流したときが35℃くらいになると最高においしくなります。
温度管理は大変ですが、あとあとお味に影響がでますので頑張ってやりましょう。
そのあと、できるだけ目の細かい万能こし器で生地を裏ごしします。
裏技ですが、表面の泡をキッチンペーパーで取ると綺麗に仕上がり、売っている物と変わらない出来映えです。

次に、湯せんの中で蒸し焼きにします。
やり方は、容器をアルミホイルで完全に蓋をします。
お湯は、容器が半分〜1/3くらい浸る程度で十分です。
鍋に蓋をして弱火で15分間暖めます。
このとき絶対に沸騰させないように注意してください。
確認作業として、
?容器を軽くゆすってプリンの表面にしわができないか、
?プリンが、プリンプリンと(笑)弾力のあるゆれ方をしているかをチェックしてください。

最後に、鍋から取り出して粗熱をとり、4時間程冷やしてください。
これでおいしいパステルプリンの出来上がりです。

パステルプリンレシピ基本編」